スペイン・バスク料理 ETXOLA

大阪うつぼ公園(本町)近所のバスク料理です。

Open this Sunday

今週日曜日は営業いたします。笑い

ランチタイムも営業いたしますので、是非起こしくださいませキラキラ

劇的!ビフォー・アフター

オープンから2ヶ月が経ちましたキラキラ

週に何度も足を運んでくださる方、特別な日にご利用くださる方、大切な人と訪れて下さる方、お一人でフラッとお立寄りくださる方など、様々な用途でたくさんのお客さまにご来店いただきました。それぞれのお客さまにとって特別で、そして寛げる環境と、自然に笑顔がうまれるワインとお料理を提供し続けていければと思っております。

まだまだ成長中のエチョラをよろしくお願いいたします。

オープン当初に比べ、メニューのバリエーションも増え、お料理の内容もブラッシュアップされてきたように思えます。
その中でも、特に目立った成長を遂げた一品を検証してみたいと思います。ドキドキ小

そのお料理は料理

佐世保バーガー訂:Veduras asadas con romesco 焼き野菜ロメスコソース
電球
7月○日料理(ビフォー)



ボリューム控えめ、シェフの神経を張り巡らせながら、一枚づつ丁寧に積み重ねられています。お野菜の表情から、緊張と初々しさが伝わります☆



9月料理(アフター)

どか~んっ!



オープン2ヶ月後。確実に勢力を増しています。ちからこぶ

*写真では少し解り難いのですが、比較の対象はお皿です。7月・9月と共に同じお皿を使用しています。

"*骨太で武闘派、そして男気溢れる、Veduras asadas con romesco 焼き野菜ロメスコソース”です。
*Meets10月号より。電球

シェフのインスピレーションに任せて変化し続けるこのお料理!
今後の成長が楽しみですビックリ

以上、劇的(?)ビフォー・アフターでした。

イッタラ!

エチョラのテーブルの上のお花をリニューアルしましたハイビスカス

ヘーぇ。無表情なテーブルの上にお花が飾られてると、これがなかなかイッタラ!



だけどエチョラは厳選されたワインと、*骨太で武闘派、そして男気溢れる、バスク料理の店、お花なんてなくたってイッタラ!
*Meets10月号で書いていただいたこの見出し、結構気に入ってます。ゴロがイッタラ
               


モナコグランプリの様なデザイン、スマートでさりげないところがイッタラ!




実はこれ、ご存知の方も多いと思いますが、Iittala社(イッタラ)のAlvar Aaltoコレクションなのです。

Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)のデザインは、1937年のパリ万博フィンランド館のために行なわれた、「新しい用途を持った美的なガラスデザイン」という指名コンペに出品するためにデザインされたそうですクローバー

この形のモチーフは、フィンランドの人口より数が多い湖の形とも、白樺の根元付近の断面形状とも言われています。

同じモチーフでサイズや用途が違うコレクションもあり、どのアイテムもさり気なさがカッコよくて素敵ですドキドキ小

Alvar Aalto氏に与えられた、「新しい用途を持った美的なガラスデザイン」という課題。これを引用して、「新しい用途を持った美的なバスク料理」、斬新なイメージを実現させ、新しい時代をつくることができればいいです。*来るね、バスクの時代電球*Meets10月号より


iittalaについてはこちらキラキラ
注:ナレーションの声がステキです。

http://www.youtube.com/watch?v=8le3Xrkthjc


イッタラドキドキ小
  • ライブドアブログ